January 5, 2018 / 2:39 AM / 6 months ago

中国の2016年GDP確報値が下方改定、成長率は6.7%で変更なし

[北京 5日 ロイター] - 中国国家統計局は5日、2016年の国内総生産(GDP)確報値が74兆3600億元(11兆4700億ドル)だったと発表した。前回発表値から542億元下方改定された。サービス部門の下方修正が主因。

 1月5日、中国国家統計局は、2016年の国内総生産(GDP)確報値が74兆3600億元(11兆4700億ドル)だったと発表した。前回発表値から542億元下方改定された。写真は昨年1月、北京のビジネス街で撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

2016年のGDP伸び率は6.7%で、前回発表値と変わらなかった。

サービス部門の確報値は7.7%増の38兆3000億元。同部門はGDP全体の半分を占める。統計局は前回、7.8%増の38兆4000億元としていた。

今回の変更は、金融やハイテク部門の伸びを統計局が小幅に引き下げたことが主因。金融部門は前回の5.7%から4.5%へ、ハイテク部門は前回の22.2%から18.1%へ修正された。製造業、農業、建設業、不動産業に変更はなかった。

中国では政府が経済において痛みの伴う構造改革を実施する中、2016年の成長率は25年以上ぶりの低さとなった。

17年の成長率は6.8%程度と、政府目標の6.5%前後を上回ったとみられている。ただ、エコノミスト予想によると18年は6.4%に鈍化する見込みだ。

住宅価格の高騰抑制策により、都市部の多くでは不動産投資や建設が沈静化するとみられている。政府はリスクの高い融資の取り締まりを進めており、借り入れコストは上昇。環境汚染防止策により、一部の工場には悪影響が出ている。

関係筋によると、政府は18年の成長率目標を「6.5%前後」で維持する見込みだ。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below