December 18, 2018 / 7:56 AM / a month ago

中国経済、来年は6─6.5%成長に、一段の金融緩和も=発改委研究員

 12月18日、中国国家発展改革委員会マクロ経済研究院の杜飛輪主任は、来年の経済成長率は6─6.5%になるとの見通しを明らかにした。当地で行われた不動産関連フォーラムで述べた。写真は北京で7日撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 18日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会マクロ経済研究院の杜飛輪主任は18日、幾分緩和的な経済政策が寄与し、来年の経済成長率は6─6.5%になるとの見通しを示した。ただ、以前のように大規模な刺激策で景気押し上げを図ることはないと述べた。

杜氏は当地で行われた不動産関連フォーラムで、国内の課題や米国との貿易戦争など、中国は短期的に多大な圧力を受けているが、消費者物価が安定しているため金融政策を調整する余地があると指摘。

「短期的に過度な物価押し上げ圧力はみられない。このため、経済運営にとって良い環境であり、金融政策を調整する余地がかなりある」と述べた。

11月の消費者物価指数(CPI)は前年比2.2%上昇で、10月の2.5%上昇から減速した。政府の今年のCPI上昇率目標は3%だ。

インフラ投資拡大に向けてさらなる政策が打ち出されると予想する杜氏は「政策は確実に比較的緩和的となる。来年の経済政策は安定した成長を維持するため比較的緩和的になるだろう」と述べた。

ロイターは17日、中国政府の顧問やシンクタンクが、2019年の成長率目標を、18年の6.5%前後から6.0─6.5%に引き下げるよう指導部に提言していると伝えた。

習近平国家主席は18日、改革開放政策40周年の演説で、改革の実行を呼び掛けた。この演説では具体的な措置は示されなかったが、杜氏は、いずれ詳細な景気支援策が発表されることが確認されたと述べた。

*情報を更新しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below