October 31, 2018 / 12:01 PM / 17 days ago

中国、景気支援措置を強化へ=中央政治局常務委

[北京 31日 ロイター] - 中国共産党の最高意思決定機関である中央政治局常務委員会は31日、強まる圧力を受けている経済を支援するため、より時宜を得た措置を講じる方針を示した。新華社が伝えた。

ここ数カ月、景気の急減速を阻止する目的で、銀行の預金準備率の引き下げや減税、インフラ投資拡大などの措置が発表されている。

新華社によると、中央政治局常務委員会の会議では「経済の下押し圧力が強まった。一部企業では経営が一段と厳しくなり、長期にわたり蓄積されたリスクが表面化している」と指摘。「われわれはこれを重大な問題とし、予想可能性を高め時宜を得た措置を講じなければならない」とした。

同委員会は、中国政府が雇用、金融、対外貿易・投資を安定させるとし、積極的な財政政策と穏健な金融政策を再確認。海外からの投資を活用し、外国企業の利益を保護する方針を示した。

また、政府は小規模な民間企業が抱える問題を解決し、資本市場の長期的で健全な発展を促進していくとした。

この日、国家統計局が発表した10月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は、国内外の需要鈍化で約2年ぶりの低水準となった。[nL3N1XB1M7]

第3・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.5%増と世界金融危機以降で最も低い伸びを記録。アナリストは企業を取り巻く状況はさらに悪化するとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below