June 5, 2019 / 8:27 AM / 2 months ago

UPDATE 1-IMF、中国の2019年経済成長率見通しを6.2%に下方修正

(内容を追加しました)

[北京 5日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は5日、貿易摩擦を巡る不透明感の高まりを受け、中国の2019年の経済成長見通しを6.2%に下方修正した。米中貿易摩擦が激化すれば、一段の金融政策緩和が正当化されるとの見解を示した。

IMFは2カ月前、米中が通商合意に至る見通しが当時は高まったことなどにより、成長率予想を6.2%から6.3%に引き上げていた。

IMFのリプトン筆頭副専務理事は発表文書で「成長率は19年に6.2%、20年に6.0%になることが見込まれる」とし、「緊張がさらに高まる可能性を踏まえると、短期的な見通しは引き続き不透明だ」と指摘した。

リプトン氏は「米国は最近関税を引き上げたものの、これまで発表された景気刺激策は2019/20年の成長を安定させるのに十分だ」との見解を示した。

「関税のさらなる引き上げや大幅な成長鈍化がない場合は、追加の政策緩和は必要ない」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below