Reuters logo
中国工業部門企業利益、10月は前年比25.1%増 9月から伸び鈍化
November 27, 2017 / 2:58 AM / 19 days ago

中国工業部門企業利益、10月は前年比25.1%増 9月から伸び鈍化

[27日 ロイター] - 中国国家統計局が27日発表した10月の工業部門企業利益は前年同月比25.1%増の7454億元(1129億4000万ドル)となり、9月の27.7%から伸びが鈍化した。

 11月27日、中国国家統計局が発表した10月の工業部門企業利益は前年同月比25.1%増の7454億元となり、9月の27.7%から伸びが鈍化した。写真は江蘇省連雲港市のホイール工場で並べられた鋼鉄製リム。11月撮影。中国日報提供(2017年 ロイター)

9月は鉄鋼や銅などの価格が高騰し、約6年ぶりの高い伸び率を記録していた。

ただ、10月も商品価格の上昇が追い風となり、伸び率自体は引き続き高く、単月としては今年2番目の高水準だった。部門別では鉱業および重工業の利益が大幅に増加した。

ING(香港)の大中華圏担当エコノミスト、アイリス・パン氏は「非常に高い成長となっている石炭セクターは別として、他のセクターでも極めて適切な成長がみられる。たとえ石炭や鉄鋼セクターにおいて来年にベース効果が表れたとしても、成長率は持続可能だろう」と述べた。

1─10月では前年同期比23.3%増。1─9月は22.8%増だった。

10月末時点の工業部門の負債は前年比6.7%増。増加率は9月末から横ばいとなった。

統計は、主要な事業からの年間売上高が2000万元以上の企業を対象としている。

統計局の声明によると、10月には鉱業、鉄鉱石・鉄鋼の精錬加工、化学、原油・天然ガス採掘の利益増加が全体の伸びに大きく貢献した。

コスト削減も利益押し上げに寄与し、営業利益率は6.24%に上昇した。

鉱業部門の企業利益は1─10月に前年同期比405.4%急増。製造業の利益は同20.1%増加した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below