August 12, 2019 / 9:58 AM / 12 days ago

中国新規融資、7月は1.06兆元に減少 予想下回る

[北京 12日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が発表した7月の新規人民元建て融資は1兆0600億元(1500億6000万ドル)で、6月(1兆6600億元)から減少し、アナリストの予想(1兆2500億元)を下回った。

マネーサプライM2は前年比8.1%増。6月(8.5%増)からアナリストの予想(8.4%増)以上に減速した。

7月末時点の人民元建て融資残高は前年比12.6%増。6月(13%増)、アナリスト予想(12.8%増)をともに下回った。

米中貿易戦争が激化する中、中国政府は融資促進策など、さまざまな成長支援策を講じているが内需は依然低迷している。

7月末時点の社会融資総量残高は214兆1300億元(30兆3100億ドル)で前年比10.7%増加した。

社会融資総量には、新規株式公開、信託会社の融資、債券発行など、通常の銀行融資以外の簿外の与信も含まれている。

7月の社会融資総量は1兆0100億元で6月(2兆2600億元)から減少した。アナリストの予想は1兆5000億元だった。

キャピタル・エコノミクスの中国担当シニアエコノミスト、ジュリアン・エバンズ・プリチャード氏は「人民銀が融資の持ち直しを目指すなら、もっと積極的に金利を引き下げる必要がある」と述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below