for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国新規融資、20年も過去最高 コロナ対応の緩和策が押し上げ

中国人民銀行(中央銀行)が12日発表したデータによると、2020年12月の新規人民元建て融資は前月比で減少した。江蘇省南通の銀行で昨年1月撮影(2021年 ロイター/CHINA DAILY)

[北京 12日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が12日発表したデータによると、2020年12月の新規人民元建て融資は前月比で減少した。ただ、新型コロナウイルス感染拡大への対応で人民銀が緩和的な政策スタンスを維持したことを受け、20年全体の新規融資は前年に続き過去最高を更新した。

12月の新規人民元建て融資は1兆2600億元(1949億8000万ドル)と、前月の1兆4300億元から減少した。ロイターがまとめたアナリスト予想の1兆2200億元は上回った。

20年は19兆6300億元と、過去最高だった19年(16兆8100億元)から16.8%増加した。

12月のマネーサプライM2の伸び率は前年比10.1%。前月の10.7%から減速した。ロイターがまとめた市場予想は10.5%。

人民元建て融資残高は前年比12.8%増と、伸びは前月に並んだ。市場予想も12.8%増だった。

12月末時点の社会融資総量残高は前年同月比13.3%と、伸びは前月の13.6%から鈍化。社会融資総量には通常の銀行融資以外の新規株式公開、信託会社の融資、債券発行などが含まれる。

12月の社会融資総量は1兆7200億元と、前月の2兆1300億元から減少した。アナリスト予想は2兆2000億元だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up