December 19, 2019 / 9:45 AM / a month ago

20日発表の中国の最優遇貸出金利、アナリストは据え置きを予想

中国人民銀行(中央銀行)は、銀行の貸出金利の指標となるローンプライムレート(LPR)を20日に発表する。写真は2015年8月、北京で人民元紙幣を数える人(2019年 ロイター/Jason Lee)

[上海 19日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は、銀行の貸出金利の指標となるローンプライムレート(LPR)を20日に発表する。トレーダーやアナリストは、今月実施した中期貸出制度(MLF)1年物の金利が据え置かれたことから、LPRも据え置きを予想している。

LPRは、毎月20日前後に人民銀行から発表される。

ロイターが今週実施した調査によると、53人中39人、約74%が1年物LPRCNYLPR1Y=CFXSの据え置きを予想した。

残り約4分の1は、5ベーシスポイント(bp)の小幅な引き下げを予想した。ただ5年物CNYLPR5Y=CFXSの引き下げはないとみている。

据え置きを予想するBNPパリバ(北京)のシニアエコノミスト、ジャクリン・ロン氏は「MLF金利が据え置かれており、各種指標は11月に成長が安定したことを示唆している。したがって人民銀行は今回は動かないだろう」と述べた。

人民銀行は今月、1年物MLFを2回実施し、償還額(4735億元)を上回る6000億元(856億1000万ドル)を金融機関に供給したが、金利CNMLF1YRRP=PBOCは3.25%に据え置いていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below