for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国豚肉生産、21年は29%増 アフリカ豚熱流行前に近づく

 1月17日、中国国家統計局が発表した統計によると、2021年の国内豚肉生産は前年比29%増の5296万トンとなり、2年前のアフリカ豚熱流行による落ち込みをほぼ取り戻した。写真は中国旗。北京で2020年4月に撮影(2022年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 17日 ロイター] - 中国国家統計局が17日発表した統計によると、2021年の国内豚肉生産は前年比29%増の5296万トンとなり、2年前のアフリカ豚熱流行による落ち込みをほぼ取り戻した。

流行前の17年は5340万トンだった。

18年半ばのアフリカ豚熱の流行で、多くの養豚業者が廃業に追い込まれ、19年の生産は20%以上減少していた。

感染はまだ終息していないが、養豚業者は防疫対策を強化している。

昨年10─12月の生産量は、統計局のデータに基づくロイターの算出で1379万トンで、前年同期の1300万トンから増加。大規模な殺処分が行われた19年第1・四半期以来の高水準となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up