January 19, 2016 / 2:44 AM / 4 years ago

中国の2015年発電量は前年比-0.2%、約50年ぶりのマイナス

 1月19日、中国国家統計局によると、2015年の発電量は前年比0.2%減の5兆6180億キロワット時だった。写真は浙江省で2013年1月撮影(2016年 ロイター/Lang Lang)

[北京 19日 ロイター] - 中国国家統計局によると、2015年の発電量は前年比0.2%減の5兆6180億キロワット時だった。前年から減少したのは1968年以来となる。

12月は通常電力需要が高まるが、発電量は前年比3.7%減の4910億キロワット時にとどまった。

大気汚染が悪化するなか、水力発電などのクリーンエネルギーが増加する一方、石炭火力発電は減少している。

2015年の火力発電は2.8%減の4兆2100億キロワット時だった。発電量全体に占める割合は前年の76.96%から75%に低下した。

水力発電は4.2%増の9960億キロワット時。全体に占める割合は17.3%から17.7%に上昇した。

業界データによると、火力発電所の稼働率は2015年に過去最低を記録した。また、業界推計によると200ギガワットの過剰生産能力がある。

*内容を追加し、写真をつけました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below