for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国人民銀、債券デフォルト防止策改善へ 金融政策より柔軟に

 11月26日、中国人民銀行(中央銀行)は、穏健な金融政策をより柔軟かつ的を絞った形で運営する方針を示した。写真は2018年9月、北京の人民銀前で撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[北京 26日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は26日、穏健な金融政策をより柔軟かつ的を絞った形で運営する方針を示した。大規模な刺激策は行わない方針を改めて表明した。

人民銀は第3・四半期の金融政策報告書で、マクロレバレッジ比率(マクロ全体の債務水準)を基本的に安定的に維持する意向を示した。

債券のデフォルト(債務不履行)リスク防止と処理メカニズムを改善するとした。

最近、永城煤電控股集団や華晨汽車集団といった、優良とされていた国有企業の債券がデフォルト(債務不履行)となり、中国社債市場に動揺が広がっている。多くの企業の資金調達コストが上がり、本格化しようとしている景気回復の阻害要因となっている。

報告書は、可能な限り長く「正常な」金融政策を維持すると、易綱総裁の発言を改めて示した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up