December 31, 2019 / 6:03 AM / 19 days ago

中国製造業PMI、12月は2カ月連続の50超え 貿易摩擦緩和で

[北京 31日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した12月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.2と、11月から横ばいで、景況拡大と悪化の分かれ目となる50を2カ月連続で上回った。アナリスト予想の50.1もやや上回った。

 12月31日、中国国家統計局が発表した12月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.2と、11月から横ばいで、景況拡大と悪化の分かれ目となる50を2カ月連続で上回った。中国浙江省の港で5月撮影。提供写真(2019年 ロイター)

季節的な需要や米中通商協議の進展の兆しを背景に生産や受注が好調で、生産は約1年ぶりのペースで拡大した。新規受注の伸びも、11月に記録した最近の高水準をわずかに下回る水準を維持した。

こうした状況は中国経済が当初の予想よりしっかりとした足取りで2019年を終えることを示唆しているが、来年もモメンタムが続くかどうかを巡っては懸念が根強い。

野村のアナリストは統計発表後のリポートで「製造業PMIの強さが続いたことは市場にとって明るい材料だが、持続しない可能性があり、経済はおそらくまだ底入れしていないだろう」との見方を示した。

それでも野村は、最近の景気の安定を踏まえて第4・四半期の国内総生産(GDP)伸び率予測を5.8%から6.0%に上方修正した。

統計局の上級統計学者Zhao Qinghe氏は12月のPMIの強さについて、1月下旬の春節(旧正月)休暇を控えた需要や生産の拡大によるものだと分析した。

12月は繊維や医薬品、自動車、通信機器などの業界で生産が比較的高水準となった。企業が春節休暇前の生産ニーズに対応するため在庫を持つことに比較的前向きになっている状況も示された。

12月はこのほか、米中通商協議の進展も見られ、中国の製造業者は海外から新規受注を獲得した。

12月の新規輸出受注指数は2018年5月以来初めて50を上回った。

南西証券のアナリストは、「世界経済の底入れや米中貿易摩擦の緩和が世界的な需要改善につながった。12月の中国の輸出は回復したとみられている」と指摘。「需要の改善が向こう1、2四半期の経済成長を支えるだろう」との見方を示した。

ただ、依然として弱さを示す兆候もみられる。輸入指数は49.9と、前月から上昇したものの、引き続き50を下回った。雇用削減も続いた。

12月の非製造業PMIは53.5に低下。11月は54.4で、8カ月ぶり高水準を記録していた。

冬場の需要落ち込みにより、建設活動を示す指数が前月の59.6から56.7に低下した。ただ統計局は、景気支援のためのインフラプロジェクトに伴い土木事業の新規契約は拡大したと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below