Reuters logo
中国統計局の3月PMI、製造業は約5年ぶり高水準
2017年3月31日 / 07:43 / 8ヶ月後

中国統計局の3月PMI、製造業は約5年ぶり高水準

[北京 31日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した3月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は5年ぶり高水準を記録した。建設業界の活況を背景に、中国経済の勢いが続いていることが示された。

 3月31日、中国国家統計局が発表した3月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は5年ぶり高水準を記録した。建設業界の活況を背景に、中国経済の勢いが続いていることが示された。写真は北京で2015年10月撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

3月の製造業PMIは51.8と、前月の51.6から上昇。市場予想(51.6)を上回り、2012年4月以来の高水準となった。

景気拡大・悪化の境目となる50も大幅に上回った。

構成指数の生産指数は54.2と、前月の53.7から上昇。建設業界動向を示す指数も60.5と、前月の60.1から上昇した。新規受注は53.3と、前月の53を上回った。

同日発表された3月の非製造業PMIは55.1で、前月の54.2から上昇し、14年5月以来の高水準となった。

キャピタル・エコノミクスは「PMIの数字は、中国経済が3月も好調を維持していることを示している。ただ、この勢いが今後も続くかは疑問だ」とし「不動産市場の調整が続き、それが政策引き締めと相まって、今後数四半期、投資や産業活動を失速させる可能性がある」と指摘した。

投資銀行NSBOの北京部門代表、ジョナス・ショート氏は、新規建設受注は2016年8月以来の低水準となっていると指摘し、建設ブームは既に失速し始めているかもしれないとの見方を示した。鉄鋼業界などで積み上がっている在庫は最終ユーザーに消費されない可能性があると述べた。

中国の港湾施設に保管されている鉄鉱石在庫は、少なくとも2004年以来の高水準に達しているとの試算もあり、供給過剰懸念が高まっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below