for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国製造業PMI、12月は50.3 予想外に上昇

[北京 31日 ロイター] - 中国国家統計局が31日発表した12月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は市場の予想に反して上昇した。ただ、新型コロナウイルス流行の影響や第4・四半期の全般的な景気減速を背景に、上昇は小幅にとどまった。

12月の製造業PMIは50.3と、11月の50.1から上昇。アナリストは景況改善・悪化の分岐点である50への低下を予想していた。

中国経済はコロナ禍による昨年の落ち込みから回復した後、初夏以降は製造業の減速や不動産部門の債務問題、小規模なコロナ感染拡大などを受けて失速。アナリストは第4・四半期の成長率が一段と低下するとみている。

12月の製造業PMIは新規受注指数が49.7と、11月の49.4からやや改善したものの、依然として50を下回った。

新規輸出受注指数は48.1で、11月の48.5から低下。外需の不安定さが示された。

生産指数は51.4と、50を上回る水準を維持したが、11月の52.0からは低下した。

中国東部の浙江省では12月に小規模な新型コロナ流行が見られ、その後感染は落ち着いたが、一部の企業は生産休止を強いられた。

北西部の陝西省西安市では感染拡大が続く中、都市封鎖が行われており、韓国のサムスン電子や米マイクロン・テクノロジーは同地域の半導体製造拠点に影響が生じる可能性があるとしている。

12月の非製造業PMIは52.7と、11月の52.3から小幅に上昇した。

製造業と非製造業を合わせた総合PMIは52.2で、11月から横ばいだった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up