Reuters logo
中国不動産投資、第2四半期は前年比+8.2%に鈍化
2017年7月17日 / 08:03 / 4ヶ月後

中国不動産投資、第2四半期は前年比+8.2%に鈍化

[北京 17日 ロイター] - 中国国家統計局が発表したデータを基にロイターが算出したところによると、中国の第2・四半期の不動産投資は前年同期比8.2%増となり、伸び率は第1・四半期の9.1%から縮小した。

 7月17日、中国国家統計局が発表したデータを基にロイターが算出したところによると、中国の第2・四半期の不動産投資は前年同期比8.2%増となり、伸び率は第1・四半期の9.1%から縮小した。写真は北京のビル群、2016年7月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

政府の不動産市場抑制策が功を奏し始めた可能性を示唆している。

第2・四半期の不動産販売(床面積ベース)は前年同期比14.1%増と、伸びは第1・四半期の19.5%から鈍化した。

不動産投資は中国国内の40以上のセクターに影響を及ぼし、同国経済にとって重要な推進力とされる。

ANZのエコノミスト、ベティ―・ワン氏は「不動産市場は若干減速したものの、大きな調整はないだろう。システミックリスクがあるとは考えていない」と述べた。

実際、不動産投資の伸び率は6月単月では加速。在庫の削減が奨励され、大都市ほど厳しい抑制策が取られていない比較的小規模な都市で需要が一段と堅調のようだ。

国家統計局が発表したデータを基にロイターが算出したところによると、6月の不動産投資は前年同月比7.9%増で、伸び率は5月の7.3%から拡大した。

不動産販売(床面積ベース)は21.4%増となり、5月の10.2%増から大幅に加速した。

新築着工(床面積ベース)は6月に14.0%増と、2016年10月以来の大幅な伸びとなった。

床面積ベースの在庫は1─6月に前年比9.6%減少。8.5%減となった1─5月を上回るペースで在庫調整が進んだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below