January 25, 2019 / 10:11 AM / 3 months ago

中国の元建て不動産融資残高、18年末時点で前年比20%増に鈍化

[北京 25日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が25日公表した四半期報告によると、2018年末時点の人民元建ての不動産向け融資残高は38兆7000億元(5兆7200億ドル)で、前年同期比20%増加した。2017年の20.9%増から鈍化した。中国政府が不動産バブルを抑制するため、住宅購入の規制を強化したことが背景。

個人向け住宅ローン残高は、2018年末時点で前年同期比17.8%増の25兆7500億元。昨年9月末時点では同17.9%増加していた。2017年の22.2%増を下回った。

ただ、2018年の不動産開発業者向けの融資は22.6%増。2017年の21.7%増を上回った。

2018年末時点の家計向け融資残高は前年同期比18.2%増の47兆9000億元だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below