January 14, 2019 / 7:02 AM / 5 months ago

12月中国貿易統計、輸出入ともに予想外の減少 世界経済リスク高まる

[北京 14日 ロイター] - 中国税関総署が発表した12月の貿易統計では、輸出が2年ぶりの大幅な落ち込みを記録し、輸入も減少した。ともに予想外のマイナスで、中国経済が2019年に一段と減速し、世界的な需要が低下する可能性を示す内容となった。

 1月14日、12月の中国貿易統計では、輸出が2年ぶりの大幅な落ち込みを記録し、輸入も減少。ともに予想外のマイナスで、中国経済が2019年に一段と減速し、世界的な需要が低下する可能性を示す内容となった。昨年12月、中国の山東省・青島の港で撮影(2019年 ロイター)

12月の輸出は前年同月比4.4%減。主要市場のほとんどで需要が鈍化した。

輸入は前年比7.6%減と2016年7月以降最大の落ち込みとなった。

キャピタル・エコノミクスは、リサーチノートで「世界経済が鈍化し、米関税による影響が強まるなか、輸出の伸びは予想以上に落ち込んだ。輸入も内需の冷え込みを受けて大幅に減少した。今後数四半期も輸出、輸入ともに弱い状況が続く見込みだ」と指摘。

「政策緩和で国内の経済活動が今年下半期までに底を打つ可能性は低く、輸入の伸びは引き続き抑制される」との見方を示した。

<対米貿易黒字は過去最大>

2018年の対米貿易黒字は前年比17.2%増の3233億2000万ドルで、税関総署のデータに基づくロイターの算出では2006年以降で最大。米中の貿易摩擦を巡り、トランプ大統領から一段と圧力が強まりそうだ。

17年は約2758億1000万ドルの黒字だった。

18年通年の中国の輸出は全体では9.9%増と7年ぶりの高い伸びを記録。輸入も15.8%増加した。

米国による大規模な関税発動などにもかかわらず、中国の輸出は18年の大部分において予想外の底堅さを示してきた。企業が関税の発効前に出荷を急いだことが背景にあるとみられるが、12月単月の弱い内容をみると、この前倒し効果が薄れてきたようだ。製造業セクターの受注も数カ月にわたって減少しており、輸出は今後数カ月にさらに鈍化する見込みだ。

12月の対米輸出は3.5%減少、輸入は35.8%減少した。

<輸入の落ち込みは需要見通しの弱さ示す>

中国が米製品に課した報復関税は中国の輸入の伸びにも打撃を与えた。18年通年の米国からの大豆輸入は2011年以降初めて減少した。

アナリストは、米中が今回の通商協議で合意に達したとしても、減速する中国経済への特効薬にはならないとみている。

複数の関係筋が先週ロイターに明らかにしたところによると、中国政府は、2019年の国内総生産(GDP)伸び率目標を6─6.5%に引き下げる見込みだ。[nL3N1ZB231]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below