July 14, 2020 / 4:42 AM / a month ago

中国原油輸入、6月は過去最高 価格急落時の購入分が影響

 7月14日、中国税関総署の発表を基にロイターが算出したところによると、6月の中国の原油輸入は月間および日量換算で過去最高を記録した。写真は原油を輸入する港。中国の青島で2008年11月撮影(2020年 ロイター)

[北京/シンガポール 14日 ロイター] - 中国税関総署の発表を基にロイターが算出したところによると、6月の中国の原油輸入は月間および日量換算で過去最高を記録した。4月の価格急落時に購入した原油が納入されつつある。

6月の輸入量は5318万トン。日量換算では1290万バレルに相当し、これまでの過去最高だった5月の日量1130万バレルを上回った。前年同月の日量963万バレルと比べると34%増加した。

1─6月の輸入量は2億6875万トン。日量換算では前年同期比9.9%増の1078万バレルとなった。

中国の製油所は4月の原油価格急落時に大量の原油を購入した。[nL4N2DP1D3]

主要港の原油貯蔵施設は空きスペースがなくなりつつあり、港湾関係者や取引業者は、タンカーの到着数が記録的な水準に達する中、7月も港の混雑は続くとみている。

リフィニティブ・アイコンの船舶データによると、山東省の石油精製拠点周辺には7月13日時点でタンカー37隻が、中国東部の舟山港には24隻が、それぞれ停泊している。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below