July 25, 2018 / 7:59 AM / a month ago

中国、米国との貿易摩擦で労働市場に不透明感=発改委

[北京 25日 ロイター] - 中国の国家発展改革委員会(発改委)は25日の定例会見で、米国との貿易摩擦が国内労働市場に不透明感をもたらしているとしつつ、大規模な失業につながるような事態にはさせないと表明した。

発改委は失業率を目標内に収めるとしたほか、いかなる問題にも備えた対応策を策定するとした。

中国は2018年における都市部の「調査に基づく失業率」を5.5%以内、別の公的指標である「登録失業率」を4.5%以内とすることを目指している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below