February 26, 2020 / 10:53 AM / a month ago

資産10億ドル以上の富豪、中国で米の3倍ぺースで増加=長者番付

 中国の富裕層向けの雑誌などを発行している「胡潤百富(Hurun Report)」は、世界各国・地域の長者番付の最新版を発表した。写真は人民元紙幣とドル紙幣。10日撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[北京 26日 ロイター] - 中国の富裕層向けの雑誌などを発行している「胡潤百富(Hurun Report)」は世界各国・地域の長者番付の最新版「2020 Hurun Global Rich List」を発表した。それによると、大中華圏(香港と台湾を含む)では1月31日までの1年間に新たに182人が資産が10億ドル以上の富豪の仲間入りを果たし、億万長者は合計799人となった。同じ期間に米国で誕生した富豪は59人だった。

新型コロナウイルスの感染拡大は中国経済に大きな打撃をもたらしつつあるものの、同時に中国のオンライン教育、オンラインゲーム、ワクチン関連企業の株価上昇につながっている。

胡潤百富の創設者であるルパート・フーゲワーフ会長は「中国は今日、米国とインドを合わせたよりもたくさんの億万長者がいる」と述べた。番付によると、米国の富豪は629人、インドは137人。

世界の長者番付のトップは米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)の創業者ジェフ・ベゾス氏。資産1400億ドルで3年連続で首位をキープした。

中国の長者番付トップはアリババ・グループ(BABA.N)の創業者、ジャック・マー氏。資産は450億ドルで世界全体では21位だが、株価が急上場して資産が増えた米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に追い抜かれた。

都市別の富豪の人数を比べると、北京が110人で5年連続1位。ニューヨークが98人で2位。上海が香港を追い越して3位につけた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below