May 21, 2018 / 3:00 AM / a month ago

中国、環境改善へ無駄な消費抑制とごみ問題への対処必要=習主席

[上海 19日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は無駄な消費をやめてごみ問題に対処し、成長を優先させたことによる環境へのダメージを回復する必要があると訴えた。国営新華社通信が19日報じた。

 5月19日、中国の習近平国家主席は無駄な消費をやめてごみ問題に対処し、成長を優先させたことによる環境へのダメージを回復する必要があると訴えた。写真は北京で3月撮影(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

習主席は会合で、公害対策は大きく前進したが、成果は十分でないと指摘。「われわれは環境に優しい社会のシステム構築を加速し、2035年までに生態系と環境を根本的に改善し、美しい中国の実現を基本的に達成する必要がある」と述べた。

環境保護への国民の関心が高まっており、重大な局面にあると強調した。

大気や水質、土壌の汚染などに対する国民の不満の高まりを背景に中国当局は2014年に本格的な公害対策を開始した。産業公害の抑制、環境保護法の実施強化、汚染物質の排出基準厳格化、クリーンエネルギーの活用などに力を入れている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below