July 16, 2018 / 7:45 AM / 5 months ago

中国、望めば経済開放は可能=ユンケル欧州委員長

[北京 16日 ロイター] - 欧州委員会のユンケル委員長は16日、訪問先の北京で、中国が望めば同国経済は開放されるとの見解を示した。中国に対しては、米国との貿易摩擦が激化する中、産業政策を巡り圧力が高まっている。

中国の李克強首相は、ユンケル委員長とトゥスクEU大統領との共同会見で、自由貿易と多国間主義を維持する必要性を強調した。

ユンケル委員長は「中国が希望すれば(経済)は開放できる。中国はその方法を知っている」と述べた。

トゥスク大統領は中国、米国、その他の国に対し、貿易戦争を開始しないよう要請。また世界貿易機関(WTO)について、トランプ米大統領による関税の根拠となっている技術移転の強制や政府の補助金に対応できるよう、改革を呼び掛けた。

トゥスク氏は「産業向け補助金、知的財産権、技術移転の強制、貿易関連コストの削減の分野で新たな規則、また紛争解決に向けたより効果的な方法などが必要だ」と指摘。「対立と混乱を回避する時間はまだある」と述べた。

駐EU中国大使は15日、中国国営メディアに寄稿し、中国とEUの首脳会談について、「一国主義と保護主義の騒音」が広がる中、中国とEUがどのようにして「安定性の標準」となれるかが焦点となるとの考えを示した。

李首相はWTOの権限を改善したいと述べたが、詳細には言及しなかった。中国が外国企業の市場アクセスを大幅に改善し、関税を引き下げ、より均衡のとれたEUとの貿易を模索するとの方針を改めて示した。

「自由貿易を保護するために共に発言することで世界に前向きなシグナルを送ることになる」と述べた。

EUでは中国の市場の一段の開放に向けた実際の取り組みに懐疑的な見方が強く、また中国が東欧への経済的影響力を持ち、EUの分裂を目指しているとの懸念が出ている。

一方で欧州当局者は、トランプ大統領が、EUと中国の関係が世界貿易の「防波堤」になり得ることを示す機会を与えたとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below