April 9, 2019 / 7:28 PM / in 13 days

中国、EU企業に技術移転強要せず 首脳会談で平等な処遇表明

 4月9日、中国の李克強首相(中央)はブリュッセルで行った欧州連合(EU)首脳との会議で、中国で操業する外国企業に技術移転は強要しないと表明した。写真は中国とEU首脳。代表撮影(2019年 ロイター)

[ブリュッセル 9日 ロイター] - 中国の李克強首相は9日にブリュッセルで行った欧州連合(EU)首脳との会議で、中国で操業する外国企業に技術移転は強要しないと表明した。また、産業界に対する補助金について対応する用意があることも明らかにした。

中国は米国に対しても同様の方針を表明しており、これまでの姿勢を転換しつつある。

李首相は、中国で操業する外国企業による苦情申し立てに対応するための紛争処理メカニズムの構築も提案。3時間に及んだ首脳会議後の記者会見で「欧州の企業は平等な扱いを歓迎するだろう」と述べた。

首脳会議の議長を務めたトゥスクEU大統領は、中国が示した方針は大きな前進だと評価。世界貿易機関(WTO)規定の改革を巡る協議に取り組むことに中国が初めて合意したことも明らかにした。

中国とEUは首脳会議後に声明を発表。「産業補助金を巡る国際規則の強化に向け集中的な協議を行う」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below