for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国恒大、ドル建て社債の利払い日再び到来 市場が身構え

[香港 29日 ロイター] - 経営危機に陥っている中国の不動産大手、中国恒大集団が29日に再び米ドル建て社債の利払い日を迎えるのに伴い、投資家は市場が再び動揺に見舞われる可能性に身構えている。

この日は2024年3月償還債に対する4750万ドルの利払いの期日。同社のオンショアおよびオフショア社債で年内に償還期限を迎えるものは残っていないが、12月28日までにオフショア債に対して計5億4757万ドルの利払いを行う必要がある。

恒大集団の債務不安で今月、世界の株式市場は総崩れの様相を呈した。

その後、投資家の一部は債務上限を巡る米議会の攻防や米国債利回り上昇に焦点を移した。恒大が負のサプライズをもたらした場合、株式市場で弱気派が勢いを増す可能性がある。

恒大が抱える負債は3050億ドルに上り、この過剰債務問題が中国の金融システムに波及し、世界に影響が広がる可能性が懸念されている。

中国人民銀行(中央銀行)は27日、住宅市場にさらされている消費者を保護すると表明し、銀行システムにさらなる流動性を供給した。深セン市の当局は恒大の理財商品関連部門の調査に着手しており、当局が悪影響を抑えるために動く兆しが強まった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up