May 8, 2019 / 5:02 AM / in 12 days

中国4月輸出は予想外の減少、輸入は増加

[北京 8日 ロイター] - 中国税関総署が発表した4月の貿易統計によると、輸出は前年同月比2.7%減と、予想の2.3%増に反して減少した。

 4月8日、中国税関総署が発表した4月の貿易統計によると、輸出は前年同月比2.7%減と、予想の2.3%増に反して減少した。写真は山東省青島市の港湾に並ぶコンテナ。2月に撮影。提供写真(2019年 ロイター)

輸入は前年比4.0%増と、予想の3.6%減を上回り、5カ月ぶりの増加となった。

米中貿易交渉に対する懸念が強まる中、貿易統計はまちまちな内容となった。

キャピタル・エコノミクスはリポートで「中国の輸出の見通しは厳しい。トランプ米大統領が関税引き上げを実行に移せば、輸出の伸び率は2─3%ポイント押し下げられる」と指摘。

「今週、土壇場で合意が成立し、追加関税を回避できても、世界経済の見通しは暗く、輸出は引き続き伸び悩むだろう」との見方を示した。

3月の輸出は14.2%急増したが、一部のアナリストは、季節要因や一時的な要因が影響した可能性を指摘している。

3月の輸入は7.6%減だった。中国政府が道路・鉄道・港湾への支出拡大など景気刺激策を打ち出す中、内需の改善を背景に輸入が増加した可能性がある。

4月の貿易収支は138億4000万ドルの黒字。市場予想は350億ドルの黒字だった。

ANZは、輸出の減少について、80%以上は対米輸出の急減によるものだと分析。スマートフォンなどエレクトロニクス製品の海外需要低迷が、引き続きハイテク輸出の重しになっているとの見方を示した。

交通銀行のシニアエコノミスト、Tang Jianwei氏は「貿易交渉が決裂すれば、外需と内需の双方が打撃を受ける可能性がある。貿易交渉で合意に達しても、中国は米国からの輸入を増やさなければならない。そうなると、貿易黒字が減り、GDP(国内総生産)伸び率への純輸出の寄与度が低下する」と述べた。

4月の中国の対米貿易黒字は210億1000万ドル。3月は205億ドルだった。米国からの輸入は約26%減、米国への輸出は約13%減だった。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニットのアナリスト、Nick Marro氏は「中国の対米輸出低迷は、中国当局も懸念しているだろう」とし「今回の指標で、今週の貿易交渉の切迫感が一段と強まった。中国が合意を迫られる可能性がある」と述べた。

ノムラのアナリストはリポートで「今日の輸出統計は、成長率に二番底の大きなリスクがあるという当社の見方を裏付けるものだ。中国政府はまだ緩和(政策)をやめられないだろう」とし「米国との貿易摩擦が急速にエスカレートしており、中国は再び緩和策を強化する可能性が高い」と指摘した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below