June 30, 2020 / 2:25 AM / 2 months ago

中国製造業PMI、6月は50.9に上昇 世界的なコロナ感染拡大で輸出弱い

[北京 30日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.9と、前月の50.6から上昇し、3カ月ぶりの高水準となった。市場予想(50.4)も上回った。

 6月30日、中国国家統計局が発表した6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.9と、前月の50.6から上昇し、3カ月ぶりの高水準となった。写真は2018年12月、河北省の工場で撮影(2020年 ロイター)

PMIは50が景況改善・悪化の分岐点となる。

中国では新型コロナウイルスの感染拡大を受けたロックダウン(都市封鎖)措置の解除後、景気回復が続いている。ただ、世界的なコロナ危機が需要を圧迫する中、輸出受注は弱いままだ。

PMIの上昇をけん引したのは生産の拡大加速で、生産指数は前月の53.2から53.9に上昇した。

新規受注の指数も前月の50.9から51.4に上昇、内需が回復している可能性が示された。非鉄金属、一般産業機器、電気機械を含む幅広い業種で改善が見られた。

一方、輸出受注の指数は42.6と、前月の35.3を上回ったものの、依然50の節目に届いておらず、減少傾向が続いた。

ノムラのアナリストは顧客向けノートで「3月から6月中旬にかけた力強い回復にもかかわらず、完全な景気回復にはまだほど遠いと考えている。中国当局が緩和スタンスを転換させるのは時期尚早だ」と指摘した。

国家統計局のZhao Qinghe氏は声明で、国内の小規模企業が大企業よりも深刻な打撃を受けていると指摘し、今後の見通しが引き続き不透明であると強調した。

「PMIは改善し、製造部門は順調に回復したが、不透明感が残っていることにも留意する必要がある」と指摘した。

<下振れ圧力>

ノムラが調査対象とする発表頻度が高い中国の経済指標の中で、電力生産や不動産販売、自動車販売などの最近の指標が相次いで予想を上回った。これを受けて同社は第2・四半期の国内総生産(GDP)成長率予想を1.2%から2.6%に引き上げた。

インフラをはじめとする支出の増額は年内の経済活動を押し上げるとみられる。それでもなお、一部のアナリストは新型コロナ流行を巡る不透明感を理由に、過度に楽観的になるべきではないと指摘する。

世界で新型コロナ感染者の増加が続く中、輸出需要は弱いままだ。これに加え、今月は北京市の食品卸売市場を起点にクラスター(感染者の集団)が発生し、懸念が強まった。

PMIで雇用指数は前月の49.4から49.1に低下、2カ月連続で製造業の雇用者数が減少した。

ホワタイ・セキュリティズのマクロ経済アナリスト、Yang Chang氏は「新規受注の増加とは対照的に雇用が縮小していることは、企業が短期的な需要回復に関して引き続き慎重になっていることを示している」と指摘した。

これとは別に公表された6月の非製造PMIは54.4で、前月の53.6から上昇、2019年11月以来7カ月ぶりの高水準となった。

ただ、建設業の指数は前月の60.8から59.8に低下しており、回復がまだら模様であることを物語っている。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below