for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、海南省で金融サービスの対外開放拡大へ

[北京/上海 9日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は9日、南部・海南省で金融サービスの対外開放を一段と進めると表明、人民元の交換性を高め、海外投資家に市場へのアクセスを認める方針を示した。

海南省に居住する個人の外貨利用をさらに容易にするほか、一定の条件を満たしたノンバンク金融機関に銀行間外国為替市場への参加を認める。

人民銀行と他の金融規制当局が共同声明で明らかにした。

規制当局は、海南省で銀行の合弁事業の設立を支援するほか、同省の企業に対し、債券など、海外で人民元建て商品を発行することを認める。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up