Reuters logo
中国、金融会社の外資出資比率上限を引き上げへ
2017年11月10日 / 05:48 / 11日後

中国、金融会社の外資出資比率上限を引き上げへ

[北京 10日 ロイター] - 中国の朱光耀財務次官は10日、先物、証券、ファンド市場に関連する合弁企業の外資出資比率について、上限を51%に引き上げる方針を示した。現在の上限は49%となっている。

 11月10日、中国の朱光耀財務次官は10日、先物、証券、ファンド市場に関連する合弁企業の外資出資比率について、上限を51%に引き上げる方針を示した。写真はロイターのインタビューに答える同財務次官。2015年7月にロンドンで撮影(2017年 ロイター/Stefan Wermuth)

朱財務次官は会見で、この措置は関連規則の詳細がまとまり次第、発効するとした。

また、国内の銀行や資産運用会社への外資出資規制を撤廃する方針を示し、金融セクターの開放を進める適切な時期が来たと述べた。

先物、証券、ファンド市場に関連する国内企業への外資の出資比率100%が認められるのは3年後となり、保険会社の場合は5年後になるとした。

中国は同国で事業展開する海外企業に対する規制や投資障壁を撤廃するよう求める欧米諸国からの圧力に直面している。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below