July 1, 2019 / 12:21 AM / in 18 days

中国、外資規制の緩和措置を発表

 6月30日、中国国家発展改革委員会(NDRC)は30日、外国からの投資に関する規制の対象分野を従来の48から40に狭める緩和措置を発表した。写真は江蘇省南通市の工場。5月24日撮影(2019年 ロイター)

[北京 30日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(NDRC)は30日、外国からの投資に関する規制の対象分野を従来の48から40に狭める緩和措置を発表した。29日開かれた米中首脳会談は、貿易問題の解決へ向けた協議の再開で合意していた。

NDRCはウェブサイトに、外資参入が制限もしくは禁止される分野の最新版の一覧「ネガティブリスト」を掲載。新リストは7月30日から発効する。昨年6月に発表された直近のリストより短くなっている。

NDRCの資料によると、国内の運送、人口50万人超の都市のガスと暖房のパイプラインに加え、映画と芸能の分野では中国企業が支配的な経営権を保持する必要がなくなる。石油・ガスの探査への外資規制も緩和し、農業、鉱業、製造業の分野でも外資の市場参入を拡大する。

中国はこれまで、外資への市場開放を拡大すると再三にわたって表明してきたが、外国企業からは進展の遅さが指摘されてきた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below