for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国規制当局、偽の投資プラットフォーム取り締まり

7月1日 中国国家インターネット情報弁公室(CAC)は1日、偽の投資プラットフォームの取り締まりを進めていると明らかにした。2021年7月、北京で撮影。(2022年 ロイター/Thomas Peter)

[上海 1日 ロイター] - 中国国家インターネット情報弁公室(CAC)は1日、偽の投資プラットフォームの取り締まりを進めていると明らかにした。電気通信詐欺対策の一環。

今年に入り約4万2000件の偽アプリを調査して取り締まった。偽アプリは国の詐欺関連のデータベースに掲載した。

JDドット・コム傘下のフィンテック部門JDファイナンスなど、人気ハイテク企業のサイトを模倣した偽の投資プラットフォームが確認されるなど、複数のなりすましサイトが見つかったという。

「アプリストアやその他のプラットフォームは、アプリのダウンロード時のセキュリティー監視を強化し、偽アプリがネットユーザーに危害を加えることを防ぐ必要がある」としている。

国営メディアは4月、国内の電気通信詐欺の件数が2021年6月から9カ月連続で減少していると報じた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up