for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、個人の外貨購入で取り締まり強化へ

 12月31日、中国は個人の外貨購入に関する取り締まりを強化することを明らかにした。写真は香港の両替所前で8月撮影(2015年 ロイター/Tyrone Siu)

[北京 31日 ロイター] - 中国国家外為管理局(SAFE)は31日、年明けから個人の外貨購入に関する取り締まりを強化することを明らかにした。資本流出の抑制が狙いだ。

SAFEは声明で、銀行における外国為替取引を監視する新しいシステムを年明けから導入すると表明。現在、個人は最大で年間5万ドル相当の外貨購入が許されている。新制度では、上限超過が見つかった個人はSAFEが管理する「監視対象者一覧」に載る。

中国政府は不法な資金の流出や資本逃避を押さえ込むことに力を入れており、外国為替市場にもかつてなかったようなやり方で取り締まりをかけている。強引な取引には罰金を科したり、いくつかの銀行には取引を断るよう促したりしている。

ロイターは30日、中国人民銀行(中央銀行)が少なくとも3行の外資系銀行に対し、外国為替業務の一部について来年3月末まで停止するよう命じたと報じた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up