for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FTSEラッセル、シャオミとルオクンを再びグローバル指数に

[上海 25日 ロイター] - 株価指数を開発・算出するFTSEラッセルは、中国スマートフォンメーカーの小米(シャオミ)と、位置情報サービスなどを手掛ける中国のルオクン・テクノロジーをグローバル指数に再び組み入れると発表した。

発表文によると、シャオミは「FTSE GEIS」に2トランシェで組み入れられる。6月7日の寄り付きから50%を、同月21日の寄り付きから残り50%をそれぞれ適用する。

ルオクンは6月の見直しに合わせてFTSE GEISに組み入れられる。同月21日の寄り付きから適用となる。

米国が政府のブラックリストから両社を除外すると決めたことに伴う措置。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up