July 14, 2020 / 4:48 AM / a month ago

中国政府系ファンド、ハイテク企業の株式を追加売却

 7月14日、中国政府系の半導体ファンド「国家集積回路産業投資基金」(大基金)が上場ハイテク企業への出資比率を引き下げている。写真は上海の証券取引所の建物で2月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[上海 14日 ロイター] - 中国政府系の半導体ファンド「国家集積回路産業投資基金」(大基金)が上場ハイテク企業への出資比率を引き下げている。

同国の株式市場は景気の早期回復や資本市場改革、海外からの資金流入加速への期待感で、このところ大幅に値上がりしている。

三安光電(600703.SS)は14日、証券取引所に提出した文書で、大基金が同社への出資比率を1%ポイント減らし9.29%としたことを明らかにした。今月8-10日にかけて4479万3000株を売却したという。

今回の売却はすでに発表済みの計画の一環。2021年1月4日までに保有株を2%減らす計画という。

北方華創科技集団(002371.SZ)も、大基金が今後6カ月間で同社への出資比率を2%減らすと表明。大基金は現在、同社3位の株主となっている。

深セン市匯頂科技(603160.SS)、無錫市太極実業(600667.SS)、北京北斗星通(002151.SZ)も今月10日、大基金による出資引き下げ計画を明らかにしている。[nL4N2EH0YJ]

中国のハイテク株は、米中関係の緊張が高まる中、政府支援への期待から、ここ1年で大幅に値上がりしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below