September 6, 2019 / 4:35 AM / 16 days ago

メルケル独首相が中国首相と会談、米中貿易問題の早期解決促す

[北京 6日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は6日、米中貿易戦争は全世界に影響を及ぼしていると指摘し、両国が早期に問題を解決するよう望んでいると述べた。

メルケル首相は2日間の日程で中国を訪問している。

メルケル氏は、中国の李克強首相との会談の冒頭に「米国との貿易摩擦の解決を望んでいる。世界に影響している」などとコメントした。

第2・四半期のドイツの国内総生産(GDP)は前期比0.1%減となり、輸出の不振を背景にマイナス成長に陥った。有力エコノミストらは、リセッション(景気後退)入りの可能性も指摘している。

中国事業の閉鎖検討を米企業に呼び掛けるなど対中強硬姿勢を強めるトランプ大統領とは逆に、ドイツは欧州連合(EU)と中国の関係が新たな段階に入ることを望んでいる。ドイツは2020年にEU議長国となるが、メルケル首相はEU・中国サミットの開催を計画している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below