July 6, 2018 / 3:08 PM / 14 days ago

ドイツは外資規制撤廃すべき、「恐れず中国企業と協業を」=李首相

[ベルリン 6日 ロイター] - 中国の李克強首相はドイツに対し、外資規制の撤廃を要求するとともに、ドイツ企業が中国企業との協業を恐れるべきではないと主張した。

李首相は独紙フランクフルター・アルゲマイネへの寄稿文の中で「ドイツが考えを変え、同国や欧州に投資する企業に対し、公正かつ開かれた環境と安定的な制度的枠組みを構築することを期待する」と述べた。

メルケル独首相はこれまで、専門技能の流出や喪失を避けるべく、半導体や電池、人工知能(AI)など戦略的分野の保護や強化に向け、欧州がより介入していくことが望ましいとの考えを示している。

これに対し李氏は、中国の投資により欧州企業の専門技能や技術的優位性が損なわれるとの見方は間違っていると指摘。中国は知的財産権を保護しつつ、外国企業に技術移転を強要していないとし、ドイツ企業は中国企業との協業を恐れるべきではないと訴えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below