Reuters logo
中国成長率、2017年までに約5%に鈍化する可能性=シンクタンク
May 22, 2014 / 9:28 AM / 4 years ago

中国成長率、2017年までに約5%に鈍化する可能性=シンクタンク

[北京 22日 ロイター] - 中国国務院発展研究センター(DRC)のマクロ経済研究部の幹部は、国内総生産(GDP)成長率が今後2─3年で約5%に鈍化する可能性があるとの見方を示した。

 5月21日、中国国務院発展研究センターのマクロ経済研究部の幹部は、国内総生産(GDP)成長率が今後2─3年で約5%に鈍化する可能性があるとの見方を示した。北京で2月撮影(2014年 ロイター/Jason Lee)

この幹部は経済成長のペースについて、高速から中程度にギアチェンジしていると指摘。今年は成長率が約7.2%に鈍化し、2015年には約6%、今後2─3年で約5%に減速するとの見通しを示した。内需が振るわず、2010年以降景気が徐々に減速したという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below