for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国当局、国内航空各社に国際線の運航継続を要請=新華社

中国民用航空局は国内の航空各社に対し、新型コロナウイルスの流行で渡航禁止措置が取られている国を除き、国際線の運航を継続するよう求めた。国営の新華社が4日伝えた。ローマで1月撮影(2020年 ロイター/YARA NARDI)

[上海 4日 ロイター] - 中国民用航空局は国内の航空各社に対し、新型コロナウイルスの流行で渡航禁止措置が取られている国を除き、国際線の運航を継続するよう求めた。国営の新華社が4日、中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」で伝えた。

航空各社は需要の減少により、国際線の縮小を検討している。

OAGアビエーション・ワールドワイドによると、今週欠航となった中国国内および国際便は2万5000便を超える。

また、ヴァリフライトのデータによると、4日0230GMT(日本時間同日午前11時半)時点で、同日運航が予定されていた中国航空会社41社による計1万6623便の約3分の2が欠航となった。さらに香港と台湾の航空会社は計162便、海外の37航空会社は計168便を運休した。

1月10─2月3日にかけ9万便が欠航となったほか、2月に入ってからは1日に平均約1万便が運休となっている。

香港のキャセイ・パシフィック航空0293.HKは同日、今後2カ月にかけて輸送能力を約30%削減する計画で、うち中国本土へのフライトは約90%運休する見通しと明らかにした。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up