January 31, 2020 / 7:45 AM / a month ago

中国の金融機関、来週はSARS発生時と同じ特別勤務体制に

 1月31日、春節休暇中の中国の金融市場は2月3日から取引を再開する予定だが、国内の金融機関は、交代勤務やオンラインを利用した販促活動など、約20年前の新重症急性呼吸器症候群(SARS)発生時と同様の特別勤務体制をとる予定だ。写真は上海で29日撮影(2020年 ロイター/ALY SONG)

[上海/香港 31日 ロイター] - 春節休暇中の中国の金融市場は2月3日から取引を再開する予定だが、国内の金融機関は、交代勤務やオンラインを利用した販促活動など、約20年前の新重症急性呼吸器症候群(SARS)発生時と同様の特別勤務体制をとる予定だ。

中国の金融市場は当初1月31日に取引を再開する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中央政府が取引再開日を2月3日に延期した。

これに加え、上海市政府は市内の企業を2月9日まで休業させる措置を決定したが、銀行は必要不可欠なサービスとされており、2月3日から全国での業務再開が義務づけられた。

上海の金融機関で2月3日から働く行員には2倍の給与が支払われる。銀行の規定では、アナリストなどの行員は自宅勤務が可能だが、トレーダーは出社して社内の安全なシステムを利用する必要がある。

関係者によると、中国建設銀行(601939.SS)や恒生銀行(0011.HK)はトレーダーを隔日で勤務させる。

関係者によると、HSBC(HSBA.L)もオフィスで働くトレーダーを交代勤務とすることを検討している。

中国建設銀行とHSBCのコメントはとれていない。恒生銀行はシフトを調整する方針を確認した。

中国人民銀行(中央銀行)と上海証券取引所のコメントもとれていない。

チャイナ・アセット・マネジメントは、新商品の説明会を当面中止し、オンラインを利用した販促活動を行う予定という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below