for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米キャタピラー、大半の中国工場で10日に操業再開

 2月10日、米重機大手のキャタピラーは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて操業を停止していた複数の中国工場について、地元政府の許可を得て大半の工場で10日に操業を再開したと明らかにした。米カリフォルニア州で2017年3月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

[シカゴ 10日 ロイター] - 米重機大手のキャタピラーCAT.Nは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて操業を停止していた複数の中国工場について、地元政府の許可を得て大半の工場で10日に操業を再開したと明らかにした。

キャタピラーの中国工場は新型コロナウイルスによる打撃が最も大きい省にはないが、同社は春節(旧正月)休暇明けの操業再開を1週間遅らせていた。

中国はキャタピラーの売上高の最大10%を占める。

同社は残りの工場の操業再開については地元政府の指示に従っているとし、感染拡大によるディーラー網やサプライチェーンへの影響を注視していると説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up