February 13, 2020 / 2:31 AM / 10 days ago

台湾の鴻海、中国工場再開に関するロイターの報道を否定

 2月13日、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は13日、中国工場の再開計画に関するロイターの報道について、事実と異なると表明した。写真は中国・天津に出展された同社のブース。2018年5月撮影(2020年 ロイター/Stringer/File Photo)

[台北 13日 ロイター] - 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業(2317.TW)は13日、中国工場の再開計画に関するロイターの報道について、事実と異なると表明した。台北の証券取引所に提出した文書で明らかにした。現在の生産状況については詳細を明らかにしていない。同社は米アップル(AAPL.O)などと取引がある。

中国では、新型肺炎の感染拡大を受けて、春節休暇が終わった後も業務再開を延期する企業が多い。

鴻海は文書で「中国本土工場に関するグループの全体的な再開計画を巡る最近のロイター報道は事実ではなく、鴻海はこのことを明確にする」と指摘。「グループの中国本土工場再開に関連した前述メディアの過去の報道も大部分が事実とは異なる」とし、これらの報道が従業員、投資家、一般市民に「誤解」を与え、問題を引き起こしていると付け加えた。

ロイターは13日、鴻海の広報担当者に報道のどの部分について言及したものか明確にしてほしいと電話で依頼したものの、広報担当者は全ての説明は取引所宛ての文書に盛り込まれていると回答した。

ロイターは10日、事情を直接知る立場にある関係筋の話を基に、コロナウイルスを巡り操業が停止された中国の主要2工場について、鴻海が再開許可を受け取ったと報道。同筋によると、同日時点で従業員の約1割しか職場に戻っていないものの、鴻海は生産再開を目指している。

また、ロイターは12日、劉揚偉董事長が設定した内部目標を直接知る立場にある関係筋の話として、鴻海は今月末までに中国での生産の50%を再開したい意向だ、とも報じた。

鴻海はこれまで、商業上の機微にかかわるとして、具体的な生産戦略にはコメントしないとしていた。また、中国の各チームは休暇後の生産計画を実行するため、各地方政府機関と密接に協力しているとしていた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below