March 2, 2020 / 4:32 AM / 5 months ago

ルーブル美術館が休館に、新型肺炎懸念で職員が勤務拒否

パリのルーブル美術館で1日、新型コロナウイルスへの感染を懸念して職員が勤務を拒否し、休館を余儀なくされる事態となった。写真は開館を待つ行列。(2020年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 1日 ロイター] - パリのルーブル美術館で1日、新型コロナウイルスへの感染を懸念して職員が勤務を拒否し、休館を余儀なくされる事態となった。

運営側が職員の説得を試みたものの、不調に終わったという。

観光客らは美術館の前で長蛇の列を作り開館を待ったが、この日は閉鎖されたままとなった。

2日にも再度、運営側と職員の会合がもたれる予定だが、再開時期の見通しは立たないという。

仏政府は2月29日、5000人以上が集まる大規模な屋内行事の中止などの感染抑制策を公表したが、美術館の休館は含まれていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below