for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新型肺炎の死者、中国で811人に SARSの被害超える

 2月9日、新型コロナウイルス感染による死者は中国本土で811人に達し、2002─03年に世界的に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の死者数774人を上回った。写真は新型コロナウイルスに感染した患者に食事を運ぶ、病院の看護師。武漢市内の病院で8日撮影(2020年 ロイター/China Daily)

[上海/北京 9日] - 新型コロナウイルス感染による死者は中国本土で811人に達し、2002─03年に世界的に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の死者数774人を上回った。

中国国家衛生健康委員会の8日の発表よると、中国本土の死亡者は前日から89人増えた。この結果、SARSによる世界全体の死者数774人を上回った。新たな死者のうち、81人は湖北省で確認された。

一方、新たな感染者数は2656人で、2月1日以来初めて減少に転じた。このうち2147人は、感染拡大が最も深刻な武漢がある湖北省で確認された。

しかし、米ミシガン大学のジョセフ・アイゼンバーグ教授(伝染病学)は、感染拡大がピークに達しているか判断するには時期尚早だとし、「報告された件数がピークに達していても、未報告のものがどうなっているのかわからない」と指摘。「農村部の一部で、こうした未報告の症例がとりわけ問題となっている」と述べた。

中国国内で確認された感染者数は、3万7198人となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up