for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新型肺炎、中国で死者3人 韓国初確認し世界で200人以上が感染

 1月20日、中国当局は、新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎で、週末に新たに139人が感染し、死亡した人も3人になったと発表した。写真は北京の天安門広場で2017年12月撮影(2020年 ロイター)

[北京/ソウル 20日 ロイター] - 中国当局は20日、新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎で、週末に新たに139人が感染し、死亡した人も3人になったと発表した。また浙江省は、呼吸器疾患で5人を隔離したが、診断はまだ確定していないと明らかにした。

湖北省武漢市で136人が新たに発症。北京市大興区で2人、広東省の深センで1人の感染が確認された。中国国内で武漢以外の患者が報告されたのは初めて。

一方、韓国疾病予防対策センター(KCDC)は20日、前日に武漢からソウル近郊の仁川国際空港に到着した中国人女性(35)から新型コロナウイルスを検出したと明らかにした。国内で感染が確認されたのは初めて。到着時に高熱などの症状があったため、すぐに隔離されたと説明した。

世界全体で確認された感染者数は200人を超えた。

武漢市当局によると、19日遅くの段階で同市では合計198人の感染が報告されている。約170人が病院で手当てを受けており、25人は治癒しているという。最新の死亡者数に関する詳細は明らかにしていない。

浙江省の保健当局は、武漢市から同省を訪れ、呼吸器疾患の症状が見られる患者が1月17日以降に5人見つかったと明らかにした。5人は安定した状態で、5人と密な接触のあった人も観察下に置かれているという。

中国では24日から旧正月の大型連休が始まり、多くの人が国内外を旅行するため、感染の拡大が懸念されている。

中国国外では、タイで2人、日本で1人の感染が確認されており、いずれも武漢市出身の人との関わりがあるか、もしくは武漢市に行ったことがある人という。

*世界での感染者数を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up