for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新型肺炎、中国で4人目の死者 89歳男性

中国湖北省武漢市の衛生当局は21日、新型コロナウイルスによるとみられる肺炎で、89歳の男性が死亡したと発表した。死者はこれで4人目となった。写真は新型肺炎の患者が治療を受ける銀潭病院の医療スタッフ。1月10日、武漢市で撮影(2020年 ロイター)

[上海 21日 ロイター] - 中国湖北省武漢市の衛生当局は21日、新型コロナウイルスによるとみられる肺炎で、89歳の男性が死亡したと発表した。死者はこれで4人目となった。

発表によると、男性は13日に肺炎の症状を訴え、呼吸困難に陥るなどしたことから、5日後に入院。19日に死亡した。男性はもともと、高血圧や糖尿病、冠動脈性心疾患など健康上の問題を抱えていた。

また、武漢市衛生当局によると、市内の医療従事者15人が新型肺炎に感染、1人に感染の疑いがある。感染者のうち1人は重体という。

武漢市で発生した新型肺炎は、北京や上海など武漢以外の中国の都市にも拡大。国外では、韓国とタイ、日本で4人の発症者が確認されている。

国営テレビによると、中国当局は現地時間20日午後6時(1000GMT、日本時間午後7時)現在で、中国国内で217人が新たに発症したと発表した。うち198人が武漢市の感染者。

*写真を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up