for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新型肺炎治療法、数カ月以内に使用可能の公算=米リジェネロン

米製薬リジェネロン・ファーマシューティカルズは6日、新型コロナウイルスの治療法開発に向けた取り組みを強化しており、数カ月以内には一部の患者に対して使用可能になる公算が大きいと発表した。湖北省武漢の施設で5日撮影(2020年 ロイター/CHINA DAILY)

[6日 ロイター] - 米製薬リジェネロン・ファーマシューティカルズREGN.Oは6日、新型コロナウイルスの治療法開発に向けた取り組みを強化しており、数カ月以内には一部の患者に対して使用可能になる公算が大きいと発表した。

米保健福祉省(HHS)は4日、リジェネロンと連携して、新型コロナウイルスの治療法を開発していると発表していた。

リジェネロンによると、この治療法は、代替療法がない場合に臨床試験以外での未承認薬の使用を認める「コンパッショネート使用」プログラムを通じて使用される可能性があるという。

ジョージ・ヤンコポーロス最高科学責任者(CSO)は「われわれはすでにある抗体治療を拡張している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up