February 28, 2020 / 5:46 PM / a month ago

米保健当局者、国内での新型ウイルス感染拡大を警告=関係筋

[ワシントン 28日 ロイター] - 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は28日、新型コロナウイルス感染例が今後米国内で増加する見通しとし、米国には検査に必要な十分なリソースがないと警鐘を鳴らした。関係筋が明らかにした。

ファウチ所長は下院の非公開ブリーフィングで、多くの国で見られる新型ウイルスの持続的な拡大は米国でもいずれ感染者が増加することを示唆していると指摘。新型ウイルスは来年に消滅する公算は小さく、米国では検査に必要な十分なリソースに欠くと警告した。

米国で現在確認されている感染者数は約60人と、比較的少ない。大半の感染者がクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」からの退避者。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で、新型ウイルスの米国への感染は「非常に遅いペース」にとどまっているとし、政権の対応を擁護した。

しかし、11月の米大統領選に向け野党民主党の候補指名を争うバイデン前副大統領は、トランプ政権の新型ウイルス対策を批判。CNNとのインタビューで、トランプ大統領の「万事順調だ、心配するな」という言葉を「誰が信じるのだろうか。(オバマ前政権が行ったように)専門家に発言させるべきだ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below