December 18, 2017 / 2:50 AM / 6 months ago

中国の新築住宅価格、11月は前月比+0.3% 小規模都市の伸び加速

[北京 18日 ロイター] - 中国の新築住宅価格は、11月も引き続き堅調に上昇した。政府が不動産市場の過熱抑制措置に動く中、比較的規模の小さい都市で価格上昇が加速した。

 12月18日、11月の中国主要70都市の新築住宅価格は、平均で前月比0.3%上昇し、上昇率は10月から横ばいだった。写真は安徽省の集合住宅建設現場。7月撮影(2017年 ロイター/Yawen Chen)

11月の中国主要70都市の新築住宅価格は、平均で前月比0.3%上昇し、上昇率は10月から横ばいだった。中国国家統計局が発表したデータに基づきロイターが算出した。前年比では5.1%上昇で、10月(5.4%上昇)から伸びがやや鈍化した。

70都市中、価格が上昇した都市は50都市で、10月と同水準。住宅価格が全国的に底堅いことが示された。

中国人民銀行(中央銀行)が先週発表したデータを基にロイターが算出したところによると、住宅ローンがほぼ大半を占める家計の借り入れは11月に6205億元(938億9000万ドル)と、10月の4501億元から大幅増加した。

北京や上海などの主要大都市「ティア1」の価格は11月に0.1%低下。10月も0.1%低下していた。深セン市の新築住宅価格は前月比0.2%低下し、前月の0.1%低下から落ち込みが加速した。前年比では3.1%低下した。

大都市で住宅規制が強化されるなか、投資資金は、より規制が緩い小規模の都市にシフトしている。

比較的規模が大きい省の省都など、「ティア2」都市の価格の伸びは0.5%と、10月の0.3%から加速し、過去最高の伸びを記録した。小規模都市「ティア3」の価格の伸びも0.4%と、10月の0.3%を上回った。

*内容を追加しました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below