for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の新築住宅価格、前月比+0.6% 8カ月ぶりの高い伸び

[北京 17日 ロイター] - 中国国家統計局が発表したデータに基づきロイターが算出した4月の主要70都市の新築住宅平均価格は前月比0.6%上昇と、上昇率は前月の0.5%上昇から加速し、2020年8月以来8カ月ぶりの高水準を記録した。政府の投機抑制策にもかかわらず、不動産市場の過熱が続いている。

前年比では4.8%上昇。こちらも8カ月ぶりの高い伸びとなった。3月は4.6%上昇だった。

中国経済の主要な成長エンジンである不動産市場は新型コロナウイルス危機から急速に回復している。ただ、主要都市での住宅価格の持続的な上昇が、周辺の小規模都市にも波及しており、金融リスクや市場過熱への懸念から当局は規制を強化している。

4月に住宅価格が前月比で上昇したのは62都市で、3月と変わらずだった。

1級都市と2級都市が前月比0.6%上昇と、引き続き伸びをけん引した。

重慶、広州で住宅価格の伸びが目立った。

不動産仲介大手、中原地産のチーフアナリストは「地方政府は以前のように一律で不動産市場を取り締まるのではなく、的を絞った対策を講じている。このため、大都市の居住用・投資用物件の購入を完全に締め出せていない」と述べた。

中小都市が規制を強化し、「政策の空白」というメリットがなくなっており、大都市の住宅市場に資金が戻っているという。同アナリストは、1級都市と2級都市の住宅価格上昇が続くと予想している。

中国指導部は先月、賃貸住宅や手頃な値段の公共住宅の供給を促進し、さまざまな不動産市場での投機を防止する方針を示している。

中国国家統計局が17日発表した1─4月の不動産投資は、前年同期比21.6%増加した。1─3月の25.6%から伸びが鈍化した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up