for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港ハンセン指数が規定改正、アリババなど採用へ

[香港 18日 ロイター] - 香港株式市場のハンセン指数.HSIを算出しているハンセン・インデックス・カンパニーは、中国の電子商取引大手アリババBABA.N9988.HK、スマートフォンメーカーのシャオミ(小米集団)1810.HK、オンラインサービス企業、美団点評3690.HKをハンセン指数に採用できるよう、規定を改正したと明らかにした。

ハンセン指数は、HSBC0005.HKやCKハチソン0001.HKといった金融やコングロマリット(複合企業)が大きなウエートを占めているが、今回の改革でそれが変化するとみられる。

声明によると、他の取引所と香港とで重複上場しており、議決権が異なる2種類の株式を発行している大中華圏の企業が8月から指数に採用される。

香港株式市場は、2種類の株式構造を持つ企業の上場を2018年から認め、海外に上場する中国企業が上場しやすくした。

アリババ、シャオミ、美団点評の3社は、毎月の売買上位5位の常連。3社が指数に採用されれば、パッシブ運用のファンドに37億ドルの資金が流入する可能性があるとモルガン・スタンレーのアナリストは発表前に指摘していた。

3社は、ハンセン中国企業株指数(H株指数).HSCEにも採用可能となる。

フランクリン・テンプルトンの中国株ポートフォリオ・マネジャー、マイケルライ氏は「ハンセン指数などのローカルな指数は、しかるべき投資の機会を必ずしも反映していない。(3社の採用は)いかに中国市場や中国企業が発展したかを示す」と述べた。

ロイターは今年に入り、株式2層構造を持ち米国に上場している百度(バイドゥ)BIDU.OやJDドッドコムJD.Oも香港への上場を計画していると報じた。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up