June 30, 2020 / 2:25 AM / 13 days ago

中国が国家安全維持法案可決との報道、香港行政長官コメントせず

 6月30日、香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)(写真)行政長官は、「香港国家安全維持法案」についてコメントするのは適切ではないと述べた。写真は北京で3日撮影(2020年 ロイター/CARLOS GARCIA RAWLINS)

[香港 30日 ロイター] - 香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は30日、「香港国家安全維持法案」についてコメントするのは適切ではないと述べた。中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)の常務委員会では、同法案を巡る議論がまだ続いていると説明した。

週例の記者会見で述べた。会見の直前、香港のケーブルテレビが関係筋の話として、常務委が同法案を可決したと報じた。

長官は、同法案を巡ってはさまざまな憶測や懸念が広がっていると認めた上で、詳細が明らかになった時点でコメントするとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below